『ブログでジャンルの決め方』

ブログの作り方
スポンサーリンク

今回はブログをどんなジャンルにして、どのように書けばいいかをお伝えしたいと思います。

この記事を読むと

・自分のブログのジャンルが決められる

・どんなキーワードについて書けばいいかが数値でわかる

まずはどのジャンルにするべきかがわからないと思うのですが、それなりに記事数や文章量、SEO対策がしっかりしていれば、どんなキーワードでもある程度収益につながるようになります。なので、自分の得意分野を記事にするのが一番いいのかなと思ってます。

自分の得意分野なら、ネタが尽きにくいですし、他のサイトに負けない良質のコンテンツを作り上げることができるからです。

また、今までその分野に携わってきたということは、それに関する体験談が豊富にあるということになります。体験談を記事に入れるだけで、あなたの記事はオリジナリティーのあって関心が集まりやすい記事へと変貌します。

実際に自分がその分野に進もうとしたときに参考にするのは、やっぱりその道をある程度進んだ経験のある人ですよね!

それでもやっぱり検索される回数はキーワードによって全然違います。なので、ジャンルが決まったら、そのジャンルの中でも検索されやすいキーワードを見つけることが必要になってきます。

例えば

「ポケモン コロポックル」

「ポケモン ピカチュウ」

この二つはポケモンというジャンルでは同じですよね。しかし、コロポックルよりもピカチュウのほうが確実に検索回数は多いです。コロポックルがポケモンだと知らない人だって多いのに、ピカチュウはポケモンを全然知らない人でさえ知っていることが多いですからね。

ただ、検索回数が多ければ多いほどいいものでもないです。なぜなら、人気キーワードには目をつける人が多く、自分のよりも時間もあってスキルもあるような強豪と直接戦って、上位検索を勝ち取っていく必要があるからです。そんなの最近始めたばかりのヒヨッコが勝てるわけがない。

そのため、そこまで検索数が大きすぎなくて小さすぎもしない競う相手の少ないものが、狙い目であるといえます。具体的には、週の検索回数が300~3000くらいのキーワードを探すことが最適です。

それがわかるようにするには二つのサイトを使うことで可能となります。

1.『related-keywords』

これは一つの大きなキーワードを入力すると、その後に関連するキーワードを大量に出してくれるサイトです。

使い方は説明をします。

①検索キーワードの方に自分の調べたいワードを入れて、「取得開始」を押します。

②今回は「マリオ」で検索しました。すると、右の方に「全キーワードリスト」という赤く囲われたところがあります。ここを全選択ですべてコピーします。これでキーワード集を手に入れることができました。

これで related-keywords での操作は終わりです。

2.『キーワードプランナー』

先ほどrelated-keywordで手に入れたキーワード集を入力することで、どのくらい検索されて、どのくらい収益を得られるかなどの情報が得られます。

使い方を説明します。

①キーワードプランナーの右側に「検索のボリュームと予測データを確認する」という項目があるので、そちらを押しておきます。

②次に中央の枠内に先ほどrelated-keywordでコピーしたものをペーストし、「開始」を押します。

③赤く囲われている「過去の指標」というところを押すと、月にどのくらいの検索がされているかを示す「月間平均検索ボリューム」や、どれくらい競争率があるのかを示す「インデックス値」がキーワードと共にリスト化されています。

また、黄色く塗られた部分では、ダウンロードすると、Excelで見るようにできるので、そちらの方が見やすいという方はぜひそちらで見てください。

無料プランの場合、インデックス値は1~10、10~100、100~1000、1000~10000という表記で分けられているのである程度どんな記事がいいのかがわかると思います。

最初は100~1000に目をつけて、そのキーワードでPV数を集めることをおすすめします。競合が少ないため、少しの努力で検索したときに記事が上位にいきやすく、検索回数が多いサイトよりも人が来やすいです。また、何も成果がなければ、モチベーションが下がってしまいますが、ある程度見てくれる人がいれば自分のモチベーションアップにつながりますよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました