『マリオメーカー2』S帯が教える安定してレートを上げる方法 その3

マリオメーカー
スポンサーリンク

これまでの2回で、「みんなでバトル」でどのようなことをすれば、勝率を上げることができるかを伝えていきました。エナや相手を踏みつける技術は数こなしていれば上手くできるようになります。積極的に使ってスキルを上げれば自然とと勝率は上がっていきます!

前回の記事はこちらになります。ぜひ見てみてください!

『マリオメーカー2』安定してレートを上げる方法 その2

その3では、コースの特徴ごとに勝率を上げる方法を伝えていきます。

水中コースでは下を取る

水中コースは対策がしやすく、反応速度や対応力は他ステージに比べるとあまり必要とされません。有利に運ぶための戦略を知っているかどうかで勝敗が決まりがちです。

水中コースの勝ち方

・常に全速力

・避ける時は上方向へ

・相手を押し上げて敵に当たらせる

・ゲッソーは下方向に攻撃してこない

水中ステージは基本的に移動が遅く、みんな最高速で泳ぎ続けます。なので遅れを取らないためにも、死なない限り全速力で進んでいきましょう。

敵を避けるとき、上方向へ行くのはジャンプを連打すれば、それなりに避けることができます。しかし、下方向の移動はジャンプしなければ、一定スピードでゆっくりとしか落ちていかないので、下へ避けるのはあまりおすすめできません

さらに相手と差がついていない場合、下にいる人が相手に自分を踏ませて、無理矢理上に押し上げることができます。みなさんもされた経験があるのではないでしょうか?上にプクプクやゲッソーがいると、避けようと下に行っても相手に押し上げられて死んでしまうことがよく見られます。

また、ゲッソーの特性として左右と上に対して攻撃を仕掛けてくるのですが、下方向には攻撃できません。急いでいるとゲッソーの攻撃を避けるのが難しい場面にかなり出くわすと思います。正直ゲッソーってマリオの敵の中でも上位に入るくらい強い敵です笑 なので、攻撃されない下にいた方が安全性が高く生き残りやすいと言えますよね。

下にいると対戦相手から妨害を受けにくく、妨害しやすい。さらに敵に当たって死ぬ危険性が上にいるよりも低い。 もし敵に当たりそうでも、上に避けることができる。これらのことを考えてると、 いかに下にいた方が勝ちやすいか分かりますよね。

ゴールは地上(オモテ)にしかない

忘れてはならない必須知識です。すべて地上にゴールが存在します。

正確に説明すると、1つのコースにはオモテとウラがあり、土管を通してオモテとウラを行き来します。スタート地点は必ずオモテです。そのため、一度もドカンに入らず、進み続ければ必ずゴールが右端に必ず存在します。そのため、作者の考えていたコースの進み方で途中でドカンに入って進んでも、オモテを進み続けた相手に先をゴールされてしまうことがあります。

マントマリオは、マントを使って長い距離を飛ぶことが可能です。そのため、ギミックすべてを無視して、空を移動し、ゴールに一瞬でたどり着くことができます。マントマリオになれたら、とりあえずコースの右端まで飛んでみるのは、かなり有効な手段になります。

ドカンがあるコースでは出口を塞ぐ

ドカンで先に進めるコースだと、木箱やビルダーマリオのブロックなどで出口を塞ぐと、相手は進むことができなくなります。箱をどかさない限り、ドカンから出ることができず、戻されてしまうのです。もしドカンを塞ぐことが成功したら、あとは死なずにどんなにゆっくりでもいいから、クリアするだけなので、勝つのがかなり簡単になりますよね。

今回はコースから勝率を上げる知識を3つ紹介させていただきました。知識やスキルの向上は必ず勝ちにつながります。ぜひこのの記事で学んだことを意識して勝利につなげてください!

コメント

  1. […] 『マリオメーカー2』安定してレートを上げる方法 その3 […]

タイトルとURLをコピーしました