『マリオメーカー』S帯が教える安定してレートを上げる方法 その2

マリオメーカー
スポンサーリンク

前回、引き分けを積極的に狙うということや、スタートでの有利な位置取りを取ることを伝えました。発売して2週間くらいたって、必要とされる技術が増えてきたので、新たに必要になったスキルを追記していきたいと思います。

では、どうすればレートが上がるのかを見ていきましょう!

1.積極的に『エナる』ことを心がける

「エナる」という言葉はあまり聞いたことがないかもしれません。「エナる」とは、カギやゴール条件を満たしたものに与えられる旗を奪うという意味です。カギや旗は手に入れることが1人しかできないため、自然とほか三人は奪うことが必要になってきます。頑張って手に入れたものを他人から奪う様子がまさにハイエナのようだったため、『ハイエナになる』⇒『エナる』という言葉が生まれました。

エナるには、

・相手を踏みつける

・ネコマリオで相手をひっかく

この2つのどちらかができれば可能です。

ゴール前の高いところで待ち構えれば、かなり簡単にエナることができます。ネコ状態では、接近さえできればひっかいて取ることができるので踏むよりも簡単にえなれます。このことから、ネコマリオになれるステージであるならば、最後までネコマリオでいることが勝率アップにつながってきます。ちなみに、ネコマリオはスーパーマリオ3Dワールド(WiiU)でのみ出てきます。

2.投げのスキルを磨く

相手を持ち上げて投げるアクションのことです。初代スーパーマリオブラザーズ(ファミコン)ではシステム上使えませんが、それ以外では可能です。

これを扱えれば、直線コースで微妙に負けているとき相手が邪魔なところにいたとき狭い足場を独り占めしたいときに有効です。特に相手をマグマや谷に落とす行為はアドバンテージがかなり取れるのでおすすめです。

投げ方は、投げたい相手に接した状態でRもしくはZRを押すと持ち上げられて、もう一度RもしくはZRを押すと向いてる方向に投げます。

3. 相手踏み台にして高く飛ぶ

これは本当に必須テクニックレベルですね。一人ではどう頑張っても届かない高さを、相手を踏みつけることで通常より高い高度まで飛ぶことが可能になります。これによって本来バネが必要なところや、そもそも乗り越えられることを想定されていないところを乗り越えることができます。

踏み台にされて残された方は正規ルートで行くしかなくなるため、時間がかなりかかります。

対して踏んで乗り越えたほうはショートカットをしているようなものなので、めちゃめちゃ早く進むことができます。

この差は本当に大きくて、先に進んでいる方が落ちない限り大体負けます。コツは相手が着地しそうなあたりでジャンプすることです。そうすることで、相手が着地後すぐにジャンプすれば既に自分は上を取っているので、相手のほうに近寄るだけで踏めます。

しかし、失敗すると相手に踏まれやすくなってしまうので気をつけましょう。

今回は3つ紹介させていただきました。レート戦は実力が反映されやすいので、ぜひこの記事で学んだことを意識して勝利につなげてください!

コメント

  1. […] 『マリオメーカー2』安定してレートを上げる方法 その2 […]

タイトルとURLをコピーしました